稼げるメルマガへの改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は稼げるメルマガへの改善方法として、今後の報酬アップに繋がるためのメルマガの『クリック解析』についてお話します。
ということで、先ずはポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング

 

クリック解析は、メルマガ内に設置したURLを読者さんがクリックしてくれた回数を見て、色々なことを知ることができます。

 

あなたのメルマガの良いところや悪いところ、そして意図的に変えた部分に対する変化を見るために必要なことですので、必ずやるようにしましょう。

 

契約しているメルマガ配信スタンドに、クリック解析の機能が最初からある場合は、それを使えば簡単にできてしまいますが

その機能がないメルマガ配信スタンド(特に無料サービスなど)では、専用のツールを導入する必要があります。

 

例えばスマホ対応!短縮URLShort Linkerイージークリックカウンター「瞬換URL」などが使いやすくて有名ですね。

 

クリック解析でチェックするポイントで大事なのは、クリック数を確認するときにメルマガの購読解除クリックは数に入れないという事です。

 

解除するのは読者さんが自分で行う事なので、あなたがメルマガで解除を促す文章を書いたわけではない筈です。

 

メルマガの内容が読者さんの反感を買ったりして解除が多かったというのは反省材料になりますが、クリックの詳細を考える上では参考にならない数値です。

 

あくまでもクリックしてもらいたいURLについて、あなたが意図的に工夫した文書の効果を見て行くわけです。

そして、自分なりの反応の良いパターンを掴んでいくのです。

 

同じ記事を書くにしても、この工夫ができている記事とそうでない記事では、成約率に大きな差が生じてしまいます。

 

 

さらにクリック解析では、件名についての判断材料も得ることができます。

 

過去1ヶ月のクリック数を一覧で見てみましょう。

 

クリック数が多い記事、少ない記事が有ると思いますがクリック数が多いのは、反応が良い件名だったと言えます。

 

なぜなら、読者さんは先ず最初に件名を見て、そのメールを読むか読まないかを決めるからです。

 

クリックされているという事は、開封されたという事です。

 

開封されたという事は、読んでもらった可能性が高いので、メルマガを開封してもらうための件名が効果を発揮したと言えるのです。

 

ただし、件名とクリック数の関係は、メルマガ発行者でそれぞれ違うものです。

 

なぜなら、メルマガ発行者が抱えている読者さんの数、好みの傾向等の属性が同じではないからですね。

 

ですから、あなたのメルマガ読者さんは、どのような件名の場合に反応が良いのか、クリック数を参考に傾向をつかみましょう。

 

例えば

「プレゼント」に反応が良い→ 普段からモノで釣っているメルマガ→ 初心者さんや「無料」を好む読者が多い。

「儲かる○○」に反応が良い→ 稼ぐ方法を紹介しているメルマガ→ アフィリエイトの方法を探している読者が多い。

「~の方法とは」に反応が良い→ 中級者向けのノウハウを教えているメルマガ→ メルマガ発行者のオリジナルノウハウに興味を持っている読者が多い。

 

など、発行者のメルマガの傾向と読者さんの期待している内容などが分かります。

 

で、大切なことはそれからどうする!?ってことです。

 

「プレゼント」という言葉だけに反応の良いメルマガはあまり質の良い読者さんを抱えていません。

 

簡単に言ってしまうと「クレクレ君」の集まりです。

 

こういう読者さんからは報酬が発生することはありません。

 

ですから、そういう傾向が判明した時には、プレゼントも続けながら読者さんを教育していく必要があります。

 

つまり「方法を教えますから、一緒にやってみましょう。」という事です。

 

で、その方法をやるうえで必要な教材やツールを紹介していくという戦略が必要になります。

 

一例をあげましたがクリック解析からは、その使い方でご自分のメルマガの色々なことが分かってきます。

 

 

クリック解析のデータは宝の山です。

 

このデータをきちんと分析する事でクリック率を大きく上げるヒントがつかめます。

 

数字はウソをつきません。

 

そういう意味ではメルマガは統計学の一面もありますね。

 

ある程度のデータを蓄積しないと傾向などは掴めませんが、分析して自分のメルマガの正体とか読者のパターンが分かれば、楽して改善できますよ。^^

 

で、これが収益化に直結していくんです。

 

 

ブログランキングへの応援お願いします!!


人気ブログランキング

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る