つまづくところが違ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「無料レポートを作る理由はなんですか?」って

メールをいただきました。

「は~~~~・・・・・・」って

ため息が出てしまいました。
あなたは当然お分かりのはずですが

つまり「何故?何の為に?」は

メルマガの読者さんを増やす為ですよね。
でも、無料レポートを書いてレポートスタンドに申請して

掲載されて・・・・
それだけが、メルマガ読者さんを増やすための

やるべき作業の全て・・・と言うわけでもないんです。
実際のところ無料レポートの内容や質とか

グレードというか・・・

それによっても大きく差はありますが

初心者さんがレポートを書いて掲載してもらっても

ダウンロードされるのは、せいぜい10程度。

実際のところ、コレが現実です。
なので「なんで無料レポート書くの?」という疑問と言うか

結果に対する不満みたいなメールが来るんでしょう。

たぶん ^ ^;
じゃあ、どうするのか?

それは、人の目につく入り口を

どんどん増やしてあげればよい訳です。

要するにアピるわけです。

例えば

メルマガのバックナンバーを掲載するためのブログを作るとか

新作レポートをメ自分のメルマガで紹介したり

レポートやメルマガの相互紹介を依頼したり

掲載してもらうレポートスダンドを複数にするとか

ちょっと資金に余裕があるなら

私も受け付けてますが、広告を打つのも手ですね。

考えればやれることというか

やるべきことはいくらでもありますね。

いくらでもあるんですが・・・

「いくら無料レポートを書いてもダウンロードしてくれない。」

「無料レポートを書く意味が解らない。」

「やっぱりメルマガアフィリって難しいよ。」

「NAKAZYさんは、どうして62日間で1.000人も増やせたの?」

「どうしたらいいのか教えて!」
質問なのか、ボヤキなのか

やっぱり、こんなメールをいただきます。
「じゃあ自分のブログに載せましたか?」

「無料レポートの紹介を誰かに頼みましたか?」って聞くと
「・・・・・・・・」です。^ ^;
もし、こんなところでつまづいているなら

つまづくところが違ってますよ。

やるべきことは、チャッチャとやってくださいね。

そんなところでつまづいている場合じゃないですよ。
私が無料レポートを毎週一本書いて

62日間で1000人のメルマガ読者さんを獲得した記録を

あなたが抜くことができたら、メールください。

なんかプレゼントしますよ。
抜けたらですけどね ( ̄ー ̄)ニヤリッ


関連記事

ページ上部へ戻る