自分の過去記事をリライトする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れる人の文章というのは強烈ですね。

インパクトが残るって感じです。

読んでいて腹の立つこともあれば

心の底から「そうなんだよな」と納得することもあります。

いわゆる刺さるという感じですね。

 

売れる文章が書けるようになるには

やはりいくつかのコツがあります。

 
刺さる文章が書ける人は偶然に書けているわけじゃなくて

どんな構成で、どんな言葉を使えば、読んだ人がどんな感情を抱くか

それが分かって書いているんですね。

 

shutterstock_263726414-690x492

 

頭使って書いてるなぁ。

って素直に感心する訳です。

そして、しっかりオファーにはまってしまいます。^ ^;

 
私がメルマガを始めたころ

当たり前ですが、売れる文章は書けていませんでした。
また、トップアフィリエイターさんのメルマガを読んでも

最初のころは何が良いのか?

さらに言うなら、なぜ、この程度の文章で売れるのか?

全く理解できませんでした。

 
で、報酬が1万円の有料商材に初チャレンジした時

クリック数がたった1桁だった記事を修正して

数日後に改めて配信したとき、読者さんの反応が30倍にも上がって

初めて0が4つの報酬をもらったことがあります。

 
嬉しい・・・と言うよりはびっくりでしたね。

商品に原因があるわけじゃなくて

アフィリエイターの自分の文章力がすべてを握っている

って自覚できた瞬間でした。

 

ところで・・・
あなたは過去のメルマガ記事ストックしていますか?

ストックしているなら、読み直してみてください。

で、自分の過去の記事をリライトしてみましょう。

 

 

一つの記事で2つのことを伝えようとしていたり

言葉の選び方が雑だったり

構成が今のセンスに合わなかったり

ご自分の成長ぶりが自覚できますから。

 

読者さんに刺さる記事を書くためには

コピーライティングも学ぶ時期かもしれません。

 

ただし、これも勉強と言うか研究と言うか

そっちの方向に走ってしまう方がいますが

それはあまり意味がないです。

 

記事には必ずURLを仕込んで

クリック率を計測して・・・・

と、実践の中から「反応の取れる文章」のパターンを

探っていくのが実際的です。

 

えっ?

「クリック率ってどうやって計測するの?」ですって???!!!

いやー、その記事消しちゃったんですよねー。

なのでそのうち書きます。

 

では。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る