アフィリエイトはすぐやめろ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アフィリエイトはすぐやめろ!?」

これは、一昔前に流行った記事タイトルです。

 

メルマガでも、ブログでも猫も杓子も使っていたもんですが

このタイトルの効果は、やっぱり意外性ですよね。

 

みんなが口をそろえて「アフィリエイト始めませんか?」と言っている中にあって

この「アフィリエイトはすぐやめろ!?」のタイトルは目立ちました。

「えっ、どういうこと?」と思わず読んでしまったんですね。

 

さらに応用として『アフィリエイト』の部分を変えて使うこともできます。

 

こんなタイトルの記事を読みだすと『意外に思われたことでしょうが』と続き『稼げない無駄な努力をするのをやめましょう』などと起承転結の承に入って、『確実な方法をお教えします』と転じてオファーをかけていくという構図です。
 

ということで、本題に入る前に先ずはポチッと応援お願いします。

 


人気ブログランキング

 

記事のタイトルは、メルマガにおいては、読者さんの興味を引き付けることが基本といわれています。

ですから、「~をプレゼントします!!」、「~の手法を暴露します!」などのタイトルは読者さんの物欲・知識欲に刺さるわけです。

これがブログとなると、さらに刺さるキーワードが必要になってきて、記事の内容は同じようなものでも、検索されやすいキーワードを駆使したタイトルの記事にユーザーは訪れます。

 

 

いずれにしても、記事のタイトルは疎かにはできないということですね。

でも、逆のパターンもあって、タイトルは記事の内容を要約したものを好む人もいます。

 

 

これは、そのメルマガやブログの役割とかターゲットによって使い分けているんです。

つまり、広く浅く不特定多数のユーザーに発信するのではなくて、自分の情価値を認めてくれている人たちだけに対して発信するときは、こんなタイトルのほうが効果的です。

 

例えば、以前私も運営していた無料講座なんかがそうですよね。

その情報を受け取りたい人だけが集まってきている媒体は、いわゆるクローズなものですから「わかりやすさ」に比重を置くべきなんです。

特にブログでは、Googleにどう認識されているかを知るツール「Google Search Console」でも、記事タイトルを適切に付けることの重要性について書かれていますね。
 

 

ブログもメルマガも、その発信者が記事タイトルを付ける方法は2つだけです。

タイトルを決めてから記事を書くか、その逆か。

 

 

で、タイトルをつけるのが難しかいと感じている人は、間違いなく記事を書いてから、その内容に合わせたキャッチーなタイトルを狙っているパターンです。

要するに、記事のメッセージが曖昧になっているんですね。

さらに言うなら、ブログのページ数を増やすことがとりあえずの課題ととらえている人は、この傾向があるような気がします。

 

 

先日、ブロガーさんたちのお茶会にお邪魔した時も、意外でしたが記事タイトルの話題で盛り上がっていました。

聞いていると、大きく二つのグループに分かれていて、一つは前述したような「最初に記事ありき」のグループで、明らかに自分が運営しているブログのテーマとコンテンツの構造が確立できていないグループでした。

 

これに対して、「まずタイトルありき」のグループは、ブログを立ち上げる前にコンテンツの構造を作り上げているグループです。

 

 

その中でも、ある50代の女性は、ご自分の息子さんが外科医であることをネタにして「医学部に合格させた母のブログ」みたいなテーマで、ブログを立ち上げる前に記事を500個ほど書き溜めていて、その記事のカテゴリー別けで今苦労しているという素晴らしい人もいらっしゃいました。

 

で僭越ながら、「カテゴリー別けするついでに記事通しのリンク(内部リンクといいます)も考えながらやると、あとあとラクだよ。」とアドバイスさせてもらったのですが、ブログの王道を歩んでいるなぁ…と感じるとともに、反省もしきりでした。

 

こんなブログが完成した日にゃ、アドセンスを貼っただけで毎月の報酬がどれくらいになるのか、容易に想像ができます。

 

 

結局、『言うは易し、行うは難し』ってことで、アドバイスはいくらでもできるけれど、いざ自分のこととなると『やるべきことができてない』と自覚させてもらった貴重な時間を持つことができたわけです。

 

タイトル・・・もっと意識しなくちゃダメですね。^ ^;

nbsp;

 

ブログランキングへの応援お願いします!!

 


人気ブログランキング

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る