検索の鬼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを使って稼ぐために覚えておくことはいろいろあります。

なかでも、一番大切で一番簡単なことがありますが

なんだと思いますか?

 

 

これができる、できない。

やる、やらないで数か月後には大きな差が付くことです。

 

 

それは、「検索エンジンで自分でいろいろ調べてみる」ということです。

簡単なことなんですが、できない人、やらない人は

インターネットで稼ぐことはほぼ不可能です。

 

 

ということで、本題に入る前に先ずはポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング

 

 

インターネットが軍事用から

民間に開放されてから、社会は劇的に変化しました。

いわゆる「情報革命」と言われることですね。

 

 

ネット上には、ほぼ無限ともいえる膨大な情報が溢れています。

でも、だから「すごいなぁ」ということには繋がらないわけです。

「俺にとって役に立つ情報が」という前置きがあって

初めて「凄い」となりえるわけですね。

 

 

つまり「凄い」と感動するところが間違っていて

無限ともいえる情報の中から

キーワードを入力するだけで「俺のための情報」だけを選別し

取り出す技術こそが、凄いんです。

そしてその技術が「検索」なんです。

 

 

検索できないとかしないというのは

現代文明の最大の利器を使わないということに他なりません。

ですから、稼げない人は非常に検索能力が低い傾向にあります。

 

 

でも、この「検索能力」は才能ではないので

ただ単純に「慣れ」だけの話なんですね。

 

要するに、今までどんだけ検索エンジンで調べ物をしたのか?

ということだけです。

 

 

会社でもいるはずです。

立派なデスクトップを与えられているのに

自分は検索エンジンで調べ物をしないで

「○○君、ヘルプ!これどうやんの?」っておっさん。

仕事の邪魔なんや、おっさんって話ですよね。

 

私のスタッフにはこうい言っています。

「状況にもよるが、基本答えなくて良い。検索方法を教えてやれ。」

「何か言われたら、俺から言われたとい言って良し。」

 

 

 

でも、こんなアフィリエイターさんもいますよ。

調べないでメールで聞いてくる人。

自分が仕事していこうとすることについて

自分自身が調査をして納得しないで大丈夫か、あんた? という話です。

 

 

たいていの疑問は「○○とは」とか

探したいキーワードをスペースを空けて並べることで解決するはずです。

そして、検索の能力もやればやるほど向上してきて

「○○とは」の部分にどういうキーワードを打ち込めば

求める答えに最短で行着くかということも分かってくるものです。

 

 

頼りになる教材を購入したとしても

初歩的な用語の解説まではない場合もあります。

こんな時ネットで検索すれば、必ずあなたの疑問は解決できます。

 

 

会社では、要らん仕事をしないために

パソコンとかネットを使えないフリすることも時には必要だったりします。^ ^;

でも、基本的にネットが使えない人は、やっぱりただの使えない人です。

「検索の鬼」を目指してください。

 

 

ブログランキングへの応援お願いします!!


人気ブログランキング

 
 

関連記事

ページ上部へ戻る