今、パソコンが危ない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期、ウィルスソフトより怖いのが落雷によるパソコンの損傷です。

 

私も3年前に、近くの電柱の落雷で家じゅうの家電製品がやられた経験があります。

幸い、保険ですべて新品になりましたが、一番困ったのはパソコンの中のデータが、すべてぽしゃってしまったことです。

あと、保険でパソコンを買い替えるまでメルマガが配信できなかったことです。

 

バックアップ取っておけばよかったのにね。^ ^;

 

 

 

ということで、本題に入る前に先ずはポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング

 

 

で、ざっくりですが、雷の害と簡単にできる対策を紹介します。

雷の発生時期は、7~9月が最も多くなります。

 

 

またこの夏場だけでなく、温暖化の影響なのか、最近では秋から冬にかけても落雷が多くなってきていて、一年を通して警戒が必要です。

 

落雷の時、電線などを伝って家の中に流れる電気は、瞬間的に3,000~4,500Vもの高電圧です。

 

こんな高電圧が瞬間的にでも電気製品に流れれば、当然故障してしまいますよね。

 

私が家電をやられてしまったときは、テレビ2台、電話、玄関のピンポーンとインターホン、パソコン2台、ルーター2台が一瞬でダメになりました。

 

常時コンセントを差している家電ばかりです。

 

でも、冷蔵庫だけは無事でした。

 

 

落雷で故障したときは、電源が入らないのは当然ですが、最悪の場合は発火の原因にもなります。

故障した電化製品は、見た目は全く異常はないのですが、インターホンだけは基盤の一部が焦げていました。

 

 

これらは全て、雷サージと言うものの仕業です。

雷サージは、落雷時に発生する過電圧や過電流のことです。

 

 

 

電話線、電源線、アンテナ、大気中を通って家の中に進入してしまいますが、このサージ電流によってパソコン・ルーターなどの電子機器は、絶縁破壊や誤作動・劣化などの影響を受けます。

 

これを防ぐ簡単で有効な方法としては、タップを雷ガード用のモノに交換することです。

壁のコンセント家電の間に、雷ガード用のタップを入れることで、落雷時にそこでサージ電流を食い止めることができます。

雷ガード用のタップは、内蔵された吸収素子(バリスタ)が雷サージを吸収してくれるので

接続するパソコンなどの家電を雷サージから守ってくれます。

 

家電量販店で3000円程度で売っていますので、導入することをお奨めします。

 

 

 

 

ブログランキングへの応援お願いします!!


人気ブログランキング

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る