シニアがまず取り組むこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シニアがアフィリエイトを始める動機は人それぞれですが、できれば副収入を稼ぐことができれば望ましいですね。

でも、そのために必要なことの一つにパソコンを使って文章を書くということがあり、これは避けて通れないものです。

いずれは音声認識機能がさらに発達して、マイクに向かってしゃべるだけでパソコンに文字が入力されるようにもなるとは思いますが

とりあえず今は、手を動かしてキーボードを打つ作業が必要です。

 

 

私も長年パソコンを使ってはいますが、いまだに「ひらかな」入力で打っていますし、ブラインドタッチなんかできるわけではありません。

左手で使う指は2本、右手は少し多くて3本の合計5本の指で入力しています。

若い時からですから、今となっては特に困ることもなく1秒間に数文字は自分なりに入力できています。

とは言ってもやはり思考の速度でパソコンを打つことができないので、伝えたいことをいつの間にか忘れてしまいます。

これを防止パソコンに向かう前に文章や構成をメモに起こしてから向、それでもやはり時間がかかる事は確かです。

 

 

趣味としてのブログもしくは、ちょっとしたメール等ではパソコンを打つ速度が遅くても大きな支障は感じないでしょうが、作業として考えた場合やはりパソコンを打つ速度が早いに越した事はありません。

ここで少し考えてみると、自分の伝えたいことがパソコンの上に公開されていない全くのオリジナルで、初めての意見と言う事は稀なことで

逆に自分の思う言いたいことや疑問に感じている事は、すでに誰かがパソコン上で公開していることの方が多いです。

という事は少し辛い現実でもありますが、パソコンでネットを利用している誰かが自分の書いたものだけを探し出して見に来てくれるという事はほとんどありえないと考えても良いというのが現実であります。

と言う事は前述したように、ネット上にはすでに自分の伝えたい事に似ているものが多く公開されているわけですから、それを利用すると言う方法もあるわけです。
 

 

ということで、本題に入る前に先ずはポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング

 

 

具体的に言うと誰かの書いた文章をコピーをして、それを自分なりに書き換える作業です。これをリライトといいます。

リライトとは「re 再び」「write 書く」と言う事ですから、人の書いたものをそのまま使うと言うことでは決してありません。

それに自分の考えと同じような意見だとしても、所詮は人が書いたものですから、それを自分が使うと言うこと自体に違和感を持つのは当然のことです。

 

しかし、リライトは昔から存在するやり方であり、やましいことでもなく違反行為でもありません。

そして、実はリライトをすることで優れた文章に接する機会が多くなることになり、自分自身の文章作成能力(文才)が向上することも知られています。

ですから、リライトの方法論というものも確立されていて、そのための教材も存在しているほどです。

 

 

アフィリエイトなどでネットで文章を書く作業が苦手な初心者さん、特にシニアの方はこのリライト作業を取り入れて、慣れることが稼ぐための早道になります。

ではここでリライトの方法として、基本的に誰でもできる5つの方法を紹介をします。

 

 

1.前後を入れ替える方法 

文字通り、文章の前後を入れ替えます。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『記事の書き直しのことをリライトと言います。』

 

 

 

2.他の言葉を使う方法

類義語や似た意味の言葉で置き換えます。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『リライトとは、文章を書き換えることです。』

 

 

 

3.口語に変える方法

口語などと入れ替えるだけで、違った印象の文章になります。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『リライトって、記事を書き直しちゃうことなんです。』

 

 

4.文章を装飾する方法 

元の文章に、言葉を足してしまいましょう。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『難しいと言われるリライトですが、 実は簡単で、記事をちょっと書き直すだけのことなのです。』

 

 

5.あわせ技 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『リライトって以外と簡単に出来ちゃうんです。 どうやってやるのかというと

例えば、友達とおしゃべりしているように置き換えてみてもOKですよ。』

 

 

実際の作業としては、こんな感じです。

要するにコピペじゃ無くて 自分の解釈で、自分の言葉に直せばよいだけのことです。

数稽古を踏めば、この5つのテクニックだけでも 1記事30分は楽勝で可能になります。

 

 

でも、このテクニック以外に最も大切なことがあります。

それは、【あなたが何を書きたいか?】ってことです。

リライトするためのネタを探すのには【あなた自身のフィルター】が必要です。

 

 

書きたいことがすでに定まっている方は、こんな究極の技も使っています。 脳内置換法です。

この方法は、 元になる記事をまず一度読んでから 完全に自分の文章(構成と言葉)に書き出すという方法です。

つまり元の記事は、完全にただのネタとしてしか使わない方法ですね。

この方法では、自分の書きたい事が最初から定まっていて参考程度に他の人の書いたものも見てみる・・・

で、そのためのネタを複数集め、美味しいとこ取りで書きなおす作業になります。

 

 

例えば、次のすでにリライトした文章があります。

 

『メルマガアフィリエイトで得られる報酬は、 労働量でなく読者数に大きく影響されるという特徴があります。

読者数が1人だとしても、 1万人だとしても 1回の配信に使う文章を書くための時間はまったく変わりません。

しかし、読者数が多くなればるほど、収入が多くなっていくのは事実です。』

 

 

この元の記事は、次の3つです。

  • メルマガを1人に送る時も、1000人に送る時も作業内容は変わりません。
  • メルマガアフィリエイトでは読者数により報酬金額が変わってきます。
  • メルマガは読者さんの数が増えても作成時間は変わらないのです。

 

 

リライトの最終的な目指すところは、ここです。

ですから、そうなるために【何を書きたいか?】ということが重要なんですね。

元記事を探すときには、自分なりの切り口を決めてから探すこと!

 

 

記事そのものを書き直すのは、実は、超危険な行為です。

なぜなら文意、つまり「何が伝えたいのか」が ブレてしまう恐れがあるからです。

文意がリライトの元記事のままだと、自分のスタンスが無くなります。

軸がぶれないように、書くことに一本筋が通っていることが大切です。

 

 

また、自分の結論ありきでリライトすると 勝負が早い!

だから30分で1本書くことが出来るようになるんですね。

 

次回は、実際のリライト作業について解説します。

 

 
では、また。

 

 

ブログランキングへの応援お願いします!!

人気ブログランキングへ

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る