最近のASPとその対処要領

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日多くのASPからいろんな商材のオファーについて案内をもらいます。

で、特に無料オファー案件で、最近特徴的なことがあります。

一言で言うならば

●短期間のオファーに変わってきた。

●高額報酬に変わってきた。

●LPが直感的なものに変わってきた。

 

 

ということで、本題に入る前に先ずはポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング
 

●短期間のオファーに変わってきた。

水曜日は「ノー残業デー」だとか月末の金曜日は「プレミアムフライデー」とか・・・

この政府主導の施策を導入している企業は、まだまだ多くはないものの

ASPは目ざとく注目してきています。

 

つまり、サラリーマンの副業としてアフィリエイトをやっている層が

この施策をどうとらえているかを考えているようなんです。

 

そう、「副業に充てる時間が増える」と言うことですね。

今週は水曜開始の金曜終了の無料オファー案件が

私の知っているだけでも4件ありました。

 

サラリーマンのアフィリエイターにとっても

彼らが発信する情報を受け取る側にとっても

訴求効果が高いと踏んだわけです。

 

 

●高額報酬に変わってきた。

いまだに1案件成約で100円と言った安いものも多いのですが

ある程度の成約を取ればVIP待遇の1案件成約1000円以上に昇格してくれたり

申し込むだけでVIP待遇として扱ってくれるASPも出てきました。

 

例えばメルマガアフィリエイトの場合ですと

報酬額のキモとなるのは、メルマガの配信部数です。

最低でも3000部、望ましくは10000万部以上ですね。

 

この配信部数の約1%成約が取れれば・・・・と言うのが

普通のメルマガアフィリエイターのレベルです。

 

ですから、オファーを流せば購読解除されるリスクと

成約できて得られる報酬額を天秤にかけて

「もう、無料オファーはやらない」なんて言い出す配信者がいますが

それは単に配信部数が少なくてビビッているだけのこと。

 

要するに稼いだお金でリストを買って

回して行けば数か月で10000万部規模のメルマガになります。

その1%に対して成約が取れれば、1案件1000円だったら

10万円程度は稼ぐことが可能なんですね。

 

 

●LPが直感的なものに変わってきた。

以前のLPの定番的な形は縦長で

かなりスクロールが必要なものが主流でした。

 

で、その構成もパターン化されていて

・悩みに気付かせる。

・悩みに共感する。

・悩みの解決方法を提示する。

・その後の世界を想像させる。

などの文章構成が決まっていました。

 

でも、はっきり言ってユーザーは読んでませんよね。

私もそうです。^ ^;

 

で、最近はパソコン画面の一ページで

訴求してメールアドレスを登録させるまでを

完結させる形に変わってきています。

文章主体のLPから、画像で訴える形式が増えてきています。

 

 

じゃあ、何か対処する必要はあるのか?

「じゃあ、何か対処する必要はあるのか?」

と言うことになりますが

いろいろなことが考えられます。

 

メルマガの配信部数が少ないアフィリエイターなら

他の拡散方法を模索すべきでしょう。

 

例えば、SNSの利用ですね。

ツイッターで30個ほどのアカウントを運営していると

一つのアカウントでアフィリエイトリンクを含む文章を書いて

他のアカウントでリツイートさせることができます。

 

ツイッターの一般ユーザーは

リツイートされたコメントに反応しやすい傾向がありますので

彼らの目に留まる確率が高くなり、それが成約につながります。

 

 

また、ある程度読者さんの教育ができていて

配信部数も数千以上の方なら

オファーについて、事前に告知することは有効です。

 

メルマガは攻めの媒体で、配信者の好きな時に届けることができますが

読者さんは、リアルタイムで開封しているかと言うと

そんなことはなく、数時間または翌日や数日後に開封するものです。

 

ですから、それを踏まえて事前に告知していると

オファー開始時間に開封してメルマガを読んでくれる確率は上がります。

 

 

他にも多く工夫することはあります。

私がメルマガの読者さんからいただく質問で

「ブログを作ってアフィリエイトリンクを貼ったけど成約できない」

と言うものが少なくはないです。

 

そりゃーそうでしょう。と言う話なんですが

先ずは、自分の感覚でASPや市場、ユーザーは

「今何を考えているか」を見てみると

答えは自ずからわかってくるものです。

 

 

ブログランキングへの応援お願いします!!

人気ブログランキングへ

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る