教材を買っても稼げない理由を教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教材やノウハウを一切買わないで独学で、アフィリエイトを学ぼうとしている人は結構いますね。
そういう人の全ての結果は、当然リサーチできませんが「稼げたよ」という話を聞いたことがありません。
結局、「無料にこだわる人は稼げない」ということにはある意味根拠があって、なぜ無料にこだわるのかを考えると

お金をかけることが惜しいのではなくアフィリエイトをまだ信じていないからです。

つまり、うさん臭いと思っているから自己投資に踏み切れないのですね。
でも、そんな方は自分が胡散臭いと感じていることを他人に紹介してお金を稼ごうとしているのですから

たぶん良心との葛藤もあるんじゃないのかと・・・
なら、アフィリエイトはやらないで額に汗して労働したほうが良いように思いますけどね。

じゃあ、自己投資として教材を買って実践している人は稼げているのかというと、そうでもない訳ですね。

 

 

 

教材を買っても稼げないのはなぜか?
それはですね・・・・
教材を買って実践している人も『やっていることは、独学』という認識が不足しているからです。
何も買わないで、無料にこだわっている人と教材を買って実践している人の違いと言うと

アフィリエイトで稼げるようになりたい『本気度』くらいでしょうか?

 
自己投資しただけ、『本気度』があると判断できます。
でも、所詮独学なのですから、試行錯誤することは当たり前ですし

分からないところがあれば、自分で時間をかけて調べて勉強して進めていくしかない訳です。

実は、この作業が独学の大半を占めています。

 

 

でも、これをやらないで「分からない」「稼げない」とぼやいてばかりいる人・・・・多過ぎます。^^;

で、そういう人が感じていることは「なぜ、教材なのに、しっかり教えてくれてないのか?」ということですが

それは、購入した教材の当たりはずれではなく購入者がその教材の内容を落とし込めるレベルなのか?

ということが大きく影響しています。

 

 
『良い選手は、必ずしも良い監督になりえない』

こんな話を聞いたことがあると思います。

アフィリエイターとして優秀でガッツリ稼いでいる人でも人に教えることが上手くない人もいるわけです。

この場合の「人に教える」という意味は購入者のレベルに合った表現ができているかということ。
つまり、レベル10の人の思考はレベル1の人が理解するには難解過ぎるということです。
というか、説明する幅と深さが初心者対象になればなるほど膨大だということ。
せっかく教材を購入しても、この部分の認識がない人はいきなり「稼げない、詐欺教材だ」と短絡的に判断しがちですが

そうではなくて、分からない部分を自分で調べる努力を怠っている・・・・というのが実情ですね。

でも、この自分で・・・・という過程が実はものすごく「力をつける」という意味では貢献することなんですよ。

あなたは、自分で調べることができていますか?
教材やノウハウのサポートがあろうがなかろうがやっていることは、独学なんです。

何も持たずに、ただ稼ぎたいという思いだけでジタバタするのは非効率で無駄な時間を使うだけです。
ですから、自分の予算などを考えて教材を購入することは宝島の地図を手に入れるようなものですから、必要なことなのですが

その地図を読み込む能力を付ける努力のほうが大切ですよ。

 

 

要するにインプットです。

インプットしたものを、あなたの情報としてアウトプットする。

この作業こそが稼ぐことに直結するあなたのコンテンツを作ることになります。

情報ビジネスって、実はコンテンツを売ることなんですよ。


関連記事

ページ上部へ戻る