ベッドの上のビジネスで稼ぐには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メルマガアフィリって本当に稼げますか?」

「今後どのジャンルのネットビジネスが伸びますか?」

「何が一番稼げますか?」

こんな質問メールを頂いた時が一番答えに困ってしまう時です。
これらの質問の本質は

『儲ける』と『何が』

という事ですので、私の本音としては

「知らんがな」という感じです。^^;
でも、「どんなジャンルでもいけると思いますが

”何を”じゃなくて、”如何に”ということにフォーカスしてください。」

みたいなお返事をするようにしています。

というか、本当は

ビジネスチャンスなんて、どこにでもある訳です。
ビジネス(商売)の基本は

「お客様に喜んでいただいて、その対価をいただく」

という話は何回かしていますよね。
で、喜んでいただくには

・楽しいことを提供する。

・悩みを解決できることを提供する。

言葉では色々表現できますが、基本はこの2つです。
今夜のタイトルは、ちょっと大人の感性に訴えるというか

エロネタっぽく仕組んでいるのですが実際にベッドの上のビジネスで

・楽しいことを提供する。

・悩みを解決できることを提供する。

ということについて、あなたならどんなことを思いつきますか?

既存のものでもいいし、新たに考えてみても良いので

考えてみてください。
どうでしたか?

綺麗なお姉さんを登場させた方は

ちょっと、頭を切り替えって貰って

例えば「枕」については思いつきませんでしたか?

「枕で肩こりが治る」

「あなた専用の枕を」

「低反発まくらで・・・」
本当に眠い時は枕なんかなくたって寝れるし

昼寝の時は、座布団を折って枕にするのに

「こだわりの枕」を提供して

快楽と悩み解決の価値を与えていますね。

これを「枕営業」と言います。^^;
私たちのレベルで実際にできること、できないことはあるものの

ビジネスってこう言うことでしょ?

例えばメルマガで考えると

ほぼ一方的に言いたいことを書いて

「~しなければ儲からない。以上終わり!」みたいなメルマガより

メルマガを読者さんとのコミュニケーションの場と捉えて

「一緒に目指す所に行きましょう」というスタンスのほうが

読者さんにとっては、居心地の良いメルマガを提供出来るわけです。
これが、「如何に」の部分ですね。

で、キャッシュポイントは別に設定するということです。

キュッ書ポイントを設定するときのコツは

「人間はどんなに満たされても、必ず次の不満を感じる」

自分の読者さんに対して、これの理解とタイミングですわ。

って、今回もかなり濃いことを暴露してしまっています。

関連記事

ページ上部へ戻る