思いが現実になる魔法を授けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ディズニーランドに行って来ました。」

と会社の女子社員から

ミッキーマウスの形をしたクッキーをもらいました。
私は、小さい頃からディズニーランドが大好きで

ミッキーマウスやウォルト・ディズニーについて

かなり調べまくっています。
これは話し出すと長いのでやめますが

一つだけ有名な話をさせてください。

それは、ディズニーランドの

出入り口を一カ所にしたエピソードについてです。
1955年にカリフォルニア州ロサンゼルスにオープンする時

ウォルト・ディズニーは、「出入り口を一カ所にする。」と主張しますが

収益性を考える周りの全ての人に反対されました。

入り口は多数設けた方が、収益につながるという理由からです。
これに対して、ウォルト・ディズニーが主張した理由は

お客様全員を、一つの同じ入口から入場してもらうことで

みんなに同じように、夢の国への世界観を徐々に感じてもらえる。

それこそがディズニーランドの戦略だと思ったのです。
つまり、映画を途中から見ても面白くないのと同じで

ストーリー性をもたせて

気分を徐々にそして最大限に盛り上げるための演出です。
ウォルト・ディズニーは

「この方法こそが最高だ」と自分を信じたんですね。
だからこそ、世界最高で唯一無二のテーマパークが

できあがったわけです。

ミッキーマウスの形をしたクッキーをかじりながら

やっぱり自分を信じる事が大切なんだと

懐かしくも新鮮な気持ちになってしまいました。

私たちがいろんなことで

「うまくいかない・・・」と思ってしまうのは

自分を信じることができていないからかもしれません。
私たちが育ってきた家庭や学校について、思い返してみると

確かに、私たちは子どものころから自分を信じることができないように

育てられてきたのかも知れません。
そもそも自分を信じることができなければ

自発的に何かを行うことなんかできませんね。
では

自分を信じることができると

私たちはどう変わることができるでしょうか。
・何があっても、絶対的に頼りになる自分がいるから大丈夫と思える
・答えはいつも自分のなかにあるのがわかる
・他人が何を言おうと、自分のなかにある感覚は正しいと思えるので、強くなれる
・自分の意思に従って生きられるようになる
・思いが現実になり始める
・・・など「人生が好転してくる」感覚を

感じられるようになってきそうですね。
今更ですが、この歳になって

この感覚を身につけることがとっても大事だと思います。

実はこれが本当の自由かもしれませんね。

 

結局のところ

「自分らしくいれば楽だ。」ということかもしれませんね。
私達が実践しているアフィリエイトは

儲けるための仕組みを作り上げるためには

孤独で単純な作業が毎日かなりの間続きます。
まだ成果が出ていない時に

自分を信じることができない人は脱落していきます。
「これは再現性がないな。他の方法を探そう!」

そうして、また次のマニュアル探しが始まります。

これは絶対に避けなければならないことです。

大切なことは

「このノウハウで結果を出そうとしている自分を信じている。」

ということなんでしょう。
求めよ、さらば与えられん。

尋ねよ、さらば見出さん。

門を叩け、さらば開かれん・・・・

こんな言葉も、そういえばありましたね。


関連記事

ページ上部へ戻る