記事を寝かせる効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガもブログでも同じですが

何気なく書いた記事のたった一言が

読者さんの逆鱗に触れてしまうことってあります。
記事を書いた本人は悪気とか何もないのに

ある日の記事にたった一言余分なことを書いたおかげで

メルマガの購読解除やクレームメールが来たりすることがあります。
私は、他人の記事を見てそういうことに気が付いても

クレームとか言ったことはありませんし

今後も言うつもりはありませんが

先日、こんな記事を見かけました。
記事の要旨は、アフィリエイトの作業の効率化についてですが

その中で「記事を外注に出している」という文章がありました。

確かに、効率化というテーマに沿った内容なんですが

この「記事を外注に出している」ということについて

あなたは、どんなことを感じますか?
ある人は単純に、「そういう方法があるんだな」とか

「へぇー、この人忙しいんだなぁ」と単純に感心するだけかもしれません。

また、ある人は「はぁー? こいつ、他人に書かせた記事を俺に読ませてるわけ?」

って、気分を害するかもしれません。

また、私のように「あーあ、要らんことを書いてるなぁ」って

思うかもしれません。
この記事を書いた本人は、全く他意がなかったのか

「俺って成功しているから、忙しくて・・・」って

アピールしたかったのかは定かじゃないですが

結局は配慮が不足していたってことになりますよね。
つまり、読者さんのためにと思って

アフィリエイト作業を効率化するいろんな方法を教えてあげているつもりが

意図しない方向に働いてしまうこともあるわけです。
この辺も含めて「文字で伝える難しさ」ってことなんですが

こういうことは、無いに越したことはないですよね。

100%なくすることは無理としても

あることをすれば、かなりの確率で修正することが可能です。
それは、書いた記事を数日寝かせる、つまり即配信しないで

数日置いておくということです。

で、自分が書いたものではあるんですが

他人の記事として、読んでみると誤字脱字を始め

いろんなアラが見えてくるものです。

「独りよがりの記事になってませんか?」とか

「役に立つコンテンツを配信しましょう」とか

良く聞いたり見たりすることですが

どうすれば、そんなことができるの?

って考えるのも良いですが

まずは、書いたものを寝かせることから始めてください。
そして、テーマに沿っているか? から始めて隅々までじっくり

見てみることと読んでみることを必ずやりましょう。

で、もし「こりゃ、だめだわ」って思ったら

潔くゴミ箱行きにしましょう。

ブログでもメルマガでもランディングページでも

「文字で伝える」なら全て同じですよ。
あなたは寝なくて作業をしているとしても

記事はちゃんと寝かしてあげましょう。^ ^


関連記事

ページ上部へ戻る