ありがちな「どうしてほしいの?」的なダメ文章!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時々いただくメールを拝見していると

文章を書くことが苦手と感じている方が

意外と多くいらっしゃるようです。
苦手と感じているのは、読者さんの反応がわからないので

読まれているのか、いないのかと感じているってことなんですが

そんなことはクリック測定すれば即解決することですね。

なので、先ず読者さんの反応を考えるなら

書いた自分の記事を客観視してみましょう。

例えばこんなメールをもらったら

あなたならどうします?

『NAKAZYさんへ

一生懸命文章を書いたのですが、ダメっぽいです。

自信がありません。
お願いします!』
これに「一生懸命書いた文章」が添付してありました。

何をどうしてほしいのか?

添削を依頼されているのかなとは察しがつくんですが

しっかりとした意図が伝わってきません。
ですから「そうですね。まったくもってダメですね。」って

送り返しても、それはそれで通用しますよね。

でも、実際にこのようなメールが多いんです。^^;

つまり、自分の都合で自分だけがわかる文章で送りつけてきているだけ。

こんな感じでメルマガも書かれているなら

読者さんの反応とか以前の話です。
仮に記事の添削を依頼するならば

私なら・・・・

『○○様

お世話になっております、NAKAZYです。
実は今、○○さんのメルマガを参考にして

メルマガアフィリエイトを始めています。

記事を作成し、先日配信しましたが

全く読者さんの反応が得られない状態でした。
私自身の主観からは

この文章の欠点が思うように見つけられません。

お忙しい中、大変恐縮ではございますが

お時間がある時で構いませんので

一度添削をして頂けないでしょうか?

できるだけ早く無料オファーで稼げる文章を

書けるようになりたいと思っています。

なにとぞよろしくお願いします。
一方的な依頼で大変失礼致しますが

お返事をお待ち申し上げております。

これからも◯◯さんのメールマガジン

楽しみにしております。
時節柄、お体に留意されて益々ご活躍ください。
NAKAZY』
これくらいは書きます。
メールの作法について上から目線で言っている訳じゃないですけど

私のこのメールのレベルは特別なものではないはずです。
ですから、特定の一人に出すメールでさえ、自分の意図が伝わらないようでは

ア特定多数の方に無形発信しているメルマガは、推して知るべしってことです。

つまり、私たちが書くべき文章というのは

伝えたい事がしっかり伝わる文章のことですので

この部分はちゃんと意識しましょうね。
「そんなことはあったりまえだろ?」

と思われるかもしれませんが

意外と、自分の書いた文章って

独りよがりの文章になっているものです。
さっきの意味不明のメールも

差し出した人は「●●してほしい」という意思があるわけです。

でも、それが伝わらない。
「添削してほしい」のか

「叱ってほしい」のか

「優しく励ましてほしい」のか
いったいどうして欲しいのかがわかりません。

なぜか?

読む人の立場で書いていない。

つまり、独りよがりだからです。
自分だけが分かればいいメモじゃないんだから

伝えたいことがあるなら、伝わる工夫をしましょうよってことです。

メルマガでもブログでもFacebookでもTwitterでも

こちらが意図していることを読者さんに伝えられて

初めて必要最低限の文章が書けた、ということになります。

このことがしっかりできるだけで

相当に成約数や媒体の効果が変わってきますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る