共通の敵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、読者さんとの距離を縮めたいと思いませんか?

あなたもネットビジネスのいろんな知識も増えて

私のメルマガを読んでも

「あ~、それって知ってる。」とか

「なんだよ、これって古い情報じゃないのか。」とか

思うようになっているはずですね。

(そうじゃないと、私も甲斐がないのですが(^o^;)

でもですね。

知っているという事と、できるということ

この二つは、全く次元の違うものです。
自分で解釈して、実践して、血肉として身につけて

初めて「できる」というレベルに達することを忘れないでください。
今夜は、冒頭の

読者さんとの距離を縮めるテクニックの一つをお話しします。
結論から言いますね。

あなたと読者さんで「共通の敵」を作ればOKです。

誰かを誹謗中傷することではありませんよ。
例えば

「今の政府の経済政策では、我々庶民レベルには

豊かさが全く反映されていないですね。」とか

「いつまでたっても、会社の給料は上がりませんね。」とか。
読者さんとあなたの共通のグチれる話題です。

つまり
「・・・ったく、給料上げろよ!」
って独り言の部分を共有するわけです。

 

更には、こんな例も
「寝ているだけで100万円儲かる新システム」

「クリックして、コピペだけで100万円」
まだまだ、いくらでも出ますが

いわゆる【そんな詐欺まがいの謳い文句に騙されないように!】

ということでは、読者さんと連帯感を共有できますね。
ここでの共通の敵は、詐欺まがいの商材を販売している販売者です。
このテクニックは

メルマガ発行者であるあなたと読者さんとの間に

わざと共通の敵を設定して連帯感を強め

その結果として、より強固な信頼関係と築くというものです。
人間関係でも、てっとり早く距離を縮める方法が

誰かの悪口を言って同調を求め「共通の敵」を作ることなんです。

いやらしい手口ですが、ネットビジネスでも使える方法です。
まあ、その典型が誹謗中傷サイトですね。
「●●塾はダメ、詐欺だ。」
「△△塾より、私の無料メルマガ塾で・・・・」
こんなことをやっている奴らは、ただの大バカ者ですが・・・

オファーをかける前に、読者さんに対して

共通の悩みや苦痛を提示して共感していただいて

「それを除去するためには、こんな商品はいかがですか?」

ってやるのは、商売のテクニックです。(* ̄ー ̄

関連記事

ページ上部へ戻る