自分の事がわかると稼げるという事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中のたいていの方がアフィリエイトについて

モヤモヤと思っている負のイメージと

それから生じている「3つのしたくない」って

次のようなことです。
・お金をかけたくない

・時間をかけたくない

・面倒くさいことはしたくない
この内、「面倒くさい」の問題は、どう解決するか?
この「面倒くさい」という言葉

じ~っと見つめてみるとあることが見えてきます。

あなたも、じ~っと観察してみてください。
(◎_◎)ジーっ・・・・・・
どうです? 見えましたか?
「面倒くさい」の前に

「できる・できない」

「分かる・分からない」という言葉が

必ず入りますよね。

・できるけどやらない→面倒くさいから
・できないからやらない→できるようになるまでのことが面倒くさいから

「分かる・分からない」も同じです。
このように「面倒くさい」と思う心理には二種類あります。

これは、今のあなた自身のことを考えるためにも役立つことですので

少し詳しく書きますね。

まず「できるけど」のパターンは

簡単に言えばやりたくないからです。
ですから「なぜ?やりたくないのか?」が焦点になります。
これは小さな子供を思い浮かべると分かります。

結論から書くと、反発です。
・自分の意志と違うことをしなければならない時

・自分が我慢しないといけない時

・~しなければならない時

・誰かに強制されている時
こんな時に心が反発して、嫌だ→やりたくないと感じます。
犠牲・義務・不自由などの不快な感情に対して

反発心が面倒くさいの原因として存在しています。

ということは自主性を取り戻す事が解決策となるはずです。

そのためには、やることの「意味」を考えてみること。

やることで、なんらかのメリットがあると、感じることです。

次に「できないから」のパターンは

単に面倒くさいを通り越して、その先のことが予測できています。

「やるからには、AとBとCもしなきゃ…。」と

「しなければならないこと」がいくつもあると

「面倒くさいからやめておこう。」となってしまうわけです。
言ってしまえば、完璧主義者の思考です。

完璧にするためには、多大な労力の投資が必要です。

この膨大な労力をかけなければならないことを想像して

面倒くさくなるわけです。

ここでは「完璧にできなくて全然大丈夫」と

自分への要求水準を下げればOKです。

具体的には

速度と精度の両方そろって完璧だとすると
・遅くても、マイペースでゆっくりマスターすればいいじゃないか。

・ノウハウを理解するのはあとからでもできる。とにかく結果出せばOK。
のどちらかで良しとすると言うことです。
あと、もう一つは

結果としての数字にはこだわらないと言うことでも

要求水準を下げることはできます。
目標に設定したモノより、幾分少ない成果でも

前に進んでいる事実を良しと考え

「過程を評価する考え方」を取り入れるということですね。
取り組むことで成功体験を重ね、達成感を覚えて自信を持ち

更なるやる気につながっていくとか、失敗を乗り越えて成長するとか

やってみないと分からないことってありますよね?

これにチャレンジすることから、生まれる流れがあります。
最初の動き出しは面倒に感じるかもしれませんが

転がりだしたら、意外に楽しいものかも?ということです。
大切なのは、不完全ながら「よくやっていると思うよ。」と

自分を認めやすくすることです。
で、話はさらに発展するのですが

アフィリエイトの「稼ぐ方法」を紹介して

成果を上げる方法のひとつとして

「できないから」の人をターゲットにすることが有効です。

できないことができるようになる喜びや充実感と

その先の
・お金を稼ぐ柱を立てる

・実力を付けるメリット
を訴求すれば良いのです。

そして、一番効果のあることは

カンタンであるという事実です。

例えば中学生や70過ぎのおじいちゃんでもできていること

そしてお金を稼げている事実

こんなモノが提示できれば

面倒くさいという理由は潰すことができますね。
商材探しの時のひとつのポイントです。

関連記事

ページ上部へ戻る