脱皮という成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料情報をご案内すると極端に嫌う方がいます。

「なんだよ、あんたも他の奴と結局一緒かよ」って感じですね。
私も、メルマガアフィリエイトを始めたころは

それに近い感情で、先輩アフィリエイターを判断したこともありました。
でもそもそも、アフィリエイターって

アフィリエイトするのが商売なんですから

あったりまえの話なんですね。
というか、「売り込まれる」とか

「何か買わされる」とかの嫌悪感を抱く前に

自分のレベルがわかっていますか?

と失礼ですが、言っておきます。
アフィリエイターからオファーされて

・好き、嫌い

・合う、合わない

・信じる、信じない

・得、損

・できそう、できない

・稼げそう、稼げなそう
などの判断とかする前に

そのオファーの商品について

『わかる、わからない』の部分はどうですか?
その商品の価値とか、販売者の紹介の仕方とか

自分にとって役立つ部分を見ることはできていますか?

無料オファーですから、必ずそのあとには有料商品がありますよ。

そんなことはネットだけじゃなくて、どこでもやっていることです。

例えば近所のスーパーで、「粗挽きウインナー」を売っていて

その試食でホットプレートで焼いているじゃないですか?

あなたが、たまたま「どれどれ・・・」と試食したとき

販売員が「どうです?よかったらお求めください。」って購入をすすめて

「えっ?!、お金とるのかよ?」と言いますか?
「なんだよ、あんたも他の奴と結局一緒かよ」という感情は

はっきり言って『お子ちゃま』です。

そんな感情を抱く前に

「この紹介の仕方は使えないだろうか」とか

「DRMって、こうやるのか」とかを学ぶために

アフィリエイターの紹介する無料オファーを

活用するって人のほうが、どんどん伸びていきますよ。
いろんなアフィリエイターやインフォプレナーは

お子ちゃまたちの稼ぐことへの罪悪感とか

後ろめたさみたいなものを取り除こうと

いろんな表現で訴えています。
それは、自分のしていることを正当化しているわけじゃなくて

まだ尺度の低い方たちを稼げる思考に導こうとしているんです。

なぜなら、初心者から早く次の段階に上がってもらわないと

次の商品が売れないじゃないですか。

なので、先輩アフィリエイターは

ある意味、教育してくれているわけですよ。
いつも書いていることなんですが

ネットビジネスを胡散臭いとか思ったり

アフィリエイトした人を嫌ったり・・・・

でも、そういう自分もそれで稼ぎたい?????

自己矛盾も甚だしいですね。

訳が分かりません。

 

 

もし、本当に稼ぎたいと思っているなら

その部分は自分自身の問題ですので

早く脱皮するべきですね。

私も意識がそのレベルから、方法の模索ということに移行して

報酬が入ってくるようになりました。

そうして、一気にいろんなことがわかるようになって

稼ぐ仕組みの作り方が理解でき、実際に作れています。

早くこっち側に来てくださいね。


関連記事

ページ上部へ戻る