思い込みがあなたの成長を邪魔している?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな人でも必ず持っているものがあります。

それは、その人なりの「思い込み」とうものです。

言い方を変えれば「尺度」とも言えるかもしれません。

仕事とか生活の中で、長年培われてきただけに

なかなかすぐには変えることは難しいものですよね。

でも、この「思い込み」や「尺度」は

時としてあなたの考えや発想を制限するやっかいな代物です。

この「思い込み」や「尺度」にとらわれてしまうと・・・
「これは売れない」

「これは誰も買わない」

「こんな方法ではだめだ」

「これでは上手くいくはずがない」
と、可能性という芽を最初から

自分で摘み取ってしまっていることになっています。

育てていける可能性すらなくなってしまいます。
例えば、「稼げる系」のノウハウのセールスページを見て

「マジか!? こんなもの。こんな値段で誰が買うの?!」と思ったりするのは

もしかすると、その時のあなただけで

他の人や、将来のあなたなら「使える、欲しい!!」と思うかも知れません。

その時は「誰も買わない」「使えない」と考えますが

その「誰も」というのは、実はあなた自身の事であり

あなたが想定しない「誰か」は、確実にいるのです。

ですから、驚くほど高額だと思う商品やサービスが存在して

現実にそれを必要とする人もいるのです。
自分だったら買わない、使わないという発想は

「自分」という枠で自分自身を縛り付けることとに他なりません。

自分という枠の中では

「使える、役に立つ、稼げる」発想ができないだけで

実際に“常識外”の値段でも買う人はいて

自分の“常識外”の場所でも喜んで使う人はいるのです。
他人の常識は、常に自分の“外”にあるのです。

「今のあなたと他人の常識は違う」ということを

あなたは強く意識しなければなりません。
人は自分の生活環境、生活レベル、生活する範囲などで

自分の常識を作っています。

しかし、自分とは違った生活環境、生活レベル、生活する範囲の人たちが

その人たちの常識を作っているのも事実です。
ということで、あなたがアフィリエイトをして

商品やサービスを紹介する人は

いったいどんな「常識」「尺度」でものを考え

ものを判断しているのでしょう??
これがわかれば、「これいいですよ、買ってください。」

って言わなくても、「欲しいです、売ってください」という話になります。

もっというと、「そんな商品ないですか?」って思ってもらうことですね。
値段や用途は、本当は人それぞれの基準があり

その人が「必要である」「欲しい」と思ったことが

その人にとっての価値になるのです。

ですから「誰も買わないだろう」ではなくて

「買う人がいるとしたなら、どんな人が買うのだろう?」

そして「売るなら、どう売れば売れるだろうか?」

と考える事が、あなたに必要な事です。
読者さんの役立つ記事って言葉を

良く聞いたり目にしたりすると思いますが

それって正体はこういうことなんですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る